企業情報

COMPANY

代表挨拶

  • 門倉グループは、地域にご愛顧を賜り「建設・住宅・不動産・造園・福祉・介護」と事業化して参りました。

    心より感謝と御礼を申し上げます。

    社会の大転換期を迎え、常に顧客価値を創出する組織文化を経営に根付かせるために、グループ経営と事業経営(門倉組・他)を分けて、グループ全体の価値の向上を牽引することになりました。

    経営はトップの器と教育で決まります。

    グループトップとしてさらなる研鑽を積み、経営のプロフェショナルを目指し、皆さまの期待に応え、創業200年に向けた今、やるべきことを見失わずに、挫折や失敗を恐れず果敢に挑戦して参ります。

    代表取締役CEO
    小澤 幸喜

会社概要

社名
株式会社門倉グループ本社
代表者
代表取締役CEO 小澤 幸喜
事業内容

グループ各社との協創と全体最適による相乗効果で、グルーブ全体の「企業価値向上」を目指す。

・グルーブ戦略の作成と推進

・グループ全体の調整

・グループ内外への専門サービス・間接業務提供

本社所在地

〒251-0043 神奈川県藤沢市辻堂元町4-17-22

TEL:0466-36-5000

FAX:0466-34-7504

設立日
2019年4月1日
資本金
1億円

アクセスマップ

  • 門倉本社ビル

    門倉グループ本社、門倉組にご用の方はこちらへ

    〒251-0043 神奈川県藤沢市辻堂元町4-17-22

    【電車でお越しの方】

    辻堂駅:JR東海道線 辻堂駅南口下車→徒歩15分

    藤沢駅:JR東海道線・小田急線 藤沢駅北口バス乗り場2番から「辻堂団地行」に乗車→「東町」バス停下車→徒歩3分

    【お車でお越しの方】

    横浜方面:戸塚茅ヶ崎線を直進→藤沢橋を渡り直進→藤沢警察前Vの字を右方面へ→「東町交差点」を右折→一本目を左折

    茅ヶ崎方面:国道134号線を江ノ島方面へ直進→「浜須賀交差点」を左折→浜見山交差点を越えて「東町交差点」を左折

  • オザワビル

    湘南ミサワホーム、湘南ホームフレンド、湘南街づくり研究所、OZAWAいつもありがとう協会にご用の方はこちらへ

    〒251-0041 神奈川県藤沢市辻堂神台1-3-39 オザワビル

    【電車でお越しの方】

    辻堂駅:JR東海道線 辻堂駅北口下車→徒歩4分

    ※オザワビルには駐車場がございません。お越しの際は公共交通機関をご利用ください。

CSRの取り組み

門倉グループが創業から100年を超す永続企業となったのは、地域に根差し、お客様の真の喜び、社員の働きがい、パートナー企業との共生を最優先してきたからこそ。CSR(企業の社会的責任)という言葉が生まれる前からCSRに基づいた経営を続けているからに他なりません。
門倉グループはこれからも、企業理念である「地域とグループにかかわるすべての人が幸せになる『NEXT100年』を創造する」ことを念頭に、以下の取り組みを継続し、また時代によって進化させ、よりよい次の100年を実現していきます。
お客様のために
  • 高品質な成果品やサービスの提供
  • 技術力向上のための研鑽
  • 新技術の利用による新しい価値の創造
  • 災害に強い安全なまちづくり・住まいづくり
  • お客さま満足度向上のための活動
  • 個人情報保護のための情報セキュリティの強化
  • BCP(事業継続計画)の策定と実施
従業員・取引先とともに
  • 労働環境の改善
    -ノー残業デーの実施
    -育児休暇制度、介護休暇制度などの実施
  • 労働安全衛生の確保
    -安全推進大会の実施
    -産業医との面談
  • 女性や高齢者、障がい者など多様な人財の活用
  • 研修強化や資格取得支援などによる人財の育成
  • 従業員満足度向上のための活動
  • 災害時安否確認システムの導入
  • 福利厚生の充実
  • 取引先との公正な関係構築
  • 取引先と協動したCSR行動
地域社会とともに
  • 地域活性化への貢献
    -地域の自治会と連携し、避難訓練やお祭りへの参加・協力
    -保育園との交流
  • 地域美化への貢献
    -近隣清掃
    -近隣緑化
    -海岸清掃
  • 地域交通安全への貢献
    -藤沢市・藤沢警察署と連携し、『藤沢青少年交通安全連絡協議会』『藤沢安全運転管理者会』として活動
    -雪掻き
  • 災害備蓄品の完備
  • 被災地復興支援
環境のために
  • 工場、現場におけるゼロエミッション活動
  • 木材調達ガイドラインによる森林認証材の調達
  • 有害化学物質や廃棄物の削減と資源の有効活用
    -管理型産業廃棄物(アスベスト)最終処分地との直接委託契約
    -産業廃棄物の分別廃棄
    -再生砕石材・再生ASの利用
    -段ボールをリサイクル業者へ搬出
    -AS・CON廃材をリサイクル業者へ搬出 など
  • 事業拠点における環境負荷軽減に向けた活動
    -エレベーターの使用自粛
    -軽装の推奨
    -LED照明の導入
    -昼休みの消灯
    -再生紙の利用
    -エコカーの導入
    -自転車利用の営業
    -環境手当支給による徒歩・自転車通勤の推奨 など
一般社団法人OZAWAいつもありがとう協会
を通じた社会貢献

まちを愛し、人と人とのつながりを大切にするという理念のもと、
門倉グループ創業家の私財と各グループ会社からの寄付により、下記の支援事業を行っています。

SDGsへの取り組み

門倉グループは、2015年の国連サミットで採択された「SDGs=Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」に賛同しています。このアジェンダは、2030年までに、あらゆる形態の貧困に終止符を打ち、不平等と闘い、気候変動に対処しながら、誰も置き去りにしないことを確保するための取り組みであり、持続可能な社会を実現するための重要な指針です。
SDGsは17の目標と169のターゲットからなり、門倉グループはSDGsと関係しているさまざまな事業・サービスの提供やCSRの取り組みを行っています。今後は優先的な課題に目標を設定して、SDGsを企業の運営に組み込んでいきます。
SDGsへの取り組み

沿革

昭和初期の様子昭和初期、門倉の名の入った粋な半纏姿 梯子乗り鳶の心意気を伝える“梯子乗り” バンギを組み上げる門倉の職人昭和初期、バンギを組み上げる門倉の職人たち 門倉与吉が建てた東町公民館前昭和31年、与吉が建てた東町公民館前で 門倉本社ビル門倉本社ビル(1991年竣工) ホームフレンド辻堂グループホーム「ホームフレンド辻堂」(2006年竣工) オペラガーデン湘南・二宮サービス付高齢者専用賃貸住宅「オペラガーデン湘南・二宮」(2008年竣工) オザワビルオザワビル(2011年竣工) 藤沢市新庁舎藤沢市新庁舎(2018年竣工)
1913(大正2年)

創業
門倉与吉「鳶与」として仕事を始める

1961(昭和36年)
門倉与吉

法人組織に改め有限会社門倉組を設立
初代社長に門倉与吉が就任

1969(昭和44年)

住宅事業を本格展開(湘南ミサワホーム株式会社

1972(昭和47年)
小澤直幸

株式会社門倉組に改組
代表取締役社長に小澤直幸が就任

1981(昭和56年)
不動産事業を本格展開(株式会社湘南ミサワホーム不動産)
1987(昭和62年)
造園・外構事業を本格展開(ガーデンサービス株式会社)
1989(平成元年)
住宅の増改築事業を本格展開(湘南ミサワホームイング株式会社)
1991(平成3年)
一級建築士事務所登録
1995(平成7年)
福祉・介護サービス事業へ進出(有限会社湘南ホームフレンド)
2008(平成20年)
サービス付き高齢者専用賃貸住宅「オペラガーデン湘南・二宮」の事業運営をスタート
2012(平成24年)
門倉組創業100周年式典
2014(平成26年)
保育事業を本格展開(わかたけ保育園)
2015(平成27年)
一般社団法人OZAWAいつもありがとう協会を設立
2017(平成29年)
住宅・不動産・リフォームの3社が統合
湘南ミサワホーム株式会社として発足
2018(平成30年)
株式会社湘南街づくり研究所を設立
2019(平成31年)
小澤幸喜

株式会社門倉グループ本社を設立
代表取締役CEOに小澤幸喜が就任

昭和初期の様子昭和初期、門倉の名の入った粋な半纏姿 梯子乗り鳶の心意気を伝える“梯子乗り” バンギを組み上げる門倉の職人昭和初期、バンギを組み上げる門倉の職人たち 門倉与吉が建てた東町公民館前昭和31年、与吉が建てた東町公民館前で 門倉本社ビル門倉本社ビル(1991年竣工) ホームフレンド辻堂グループホーム「ホームフレンド辻堂」(2006年竣工) オペラガーデン湘南・二宮サービス付高齢者専用賃貸住宅「オペラガーデン湘南・二宮」(2008年竣工) オザワビルオザワビル(2011年竣工) 藤沢市新庁舎藤沢市新庁舎(2018年竣工)